MENU

TOEICのマスター:TOEICで900点を獲得するための勉強法

「TOEIC900点がなかなか取れない、、、」

「TOEICで900点取るためのオススメの勉強法を教えてほしい」

このように悩んでいる人は多いと思います。

TOEIC900点を取るためには、たくさんの努力と多くの時間を必要とします。

僕は現在進行で900点を目指していますが、なかなかスコアが伸びず苦労しています。

今回は、僕と同じく900点を目指している方やこれから目指す方に、現在僕が行っている勉強法を紹介していこうと思います。

この記事を読めば分かること

・TOEIC900点がどれくらいのレベルか

・TOEICで900点を取るための勉強法

リト

実際に僕が試している勉強法ですが、人それぞれ自分に合った勉強法があると思うので、少しでも参考にしていただけると嬉しいです!

本記事はTOEICスコア800点を取っている人に向けた記事ですので、800点を取っていない方は下記の記事を参考に800点を目指してみましょう。

スポンサーリンク
目次

TOEIC900点の重要性

TOEIC900点は、高い英語スキルや国際的なビジネスコミュニケーションにおける優位性を証明する上でとても重要な指標の1つです。

900点に到達することで、以下のような利点があります。

  • グローバルビジネス環境に適応できる
  • ビジネスチャンスの拡大する
  • 教育の機会が増える

800点の時と同様に、900点を取得するとビジネスや国際的な環境で有利に働きます。

TOEIC900点は簡単に取れる点数ではありませんが、持っているとビジネスや教育の分野でさまざまな経験ができたり成長できる機会が増えるので、努力して目指してみるのもいいかもしれません。

TOEIC900点のレベル

TOEIC900点の英語レベルは、「日常生活やビジネスシーンにおいてほぼ完璧にコミュニケーションが取れるレベル」です。

いろいろな種類の内容のかなり長い文章理解して、含意を把握することができます。

日常的な会話はもちろん、ビジネスや専門的なコミュニケーションも問題なく取ることができるので、ネイティブレベルと言っても過言ではありません。

英検に換算すると準1級〜1級の英語レベルです。

このように、TOEIC900点は非常に高いレベルで、簡単に取れるスコアでないことがわかります。

900点獲得に必要な英語力

TOEIC900点が非常に高いレベルであることがわかりました。

では、900点を取るために必要な英語力はどのくらいでしょうか。

リスニング

900点を取るためには、英語を訳さずに英語のまま理解できるほどのリスニング力が必要になってきます。

日常会話であったりビジネスシーンの会話で、話している内容を時間をかけなくてもしっかり理解できるようになれば900点を取ることも可能になってきます。

しかし、普段から英語の会話を聞く機会がない方にとっては、会話の内容を瞬時に理解することは難しいと思います。

もちろん会話の内容を理解できる方が900点を取る可能性は高いですが、会話の内容を全て理解できなくても、ポイントとなる部分を聞き取ることができれば900点取得に近づくことができます。

単語

900点を取るために必要な単語数は、10,000語以上と言われています。

これは、ネイティブの大人が知っている単語数の約半分です。

800点を取るために必要な単語数が約8,500語なので、さらに1,500語以上の単語を覚えなければなりません。

ただし、この単語数はあくまで目安なので、覚えられるだけ覚えておくとリスニングやリーディングでの正答率も上がり900点に近づくことができます。

毎日コツコツ継続して覚えることが大切になってきます。

リーディング

900点を取るためには、難しい英文を素早く正確に読めるリーディング力が必要になってきます。

900点を目指すためには文法と長文の正答率を9割以上にしないといけません。

TOEICは基本的に時間内に全問解くことが難しいので、文法はもちろん、長文も早く正確に解かなければなりません。

そのために、基礎知識を完璧に身に付け、演習を繰り返すことで素早く正確に問題を解けるようにしましょう。

TOEIC900点を取るための勉強法

TOEIC900点を目指すことは、ほぼ満点を狙うことになるので、単語や文法などの基礎知識を完璧に身につけ、ケアレスミスを無くしていくことが大切です。

僕が900点を取るために今現在で試している勉強法を紹介します。

リスニング

リスニング力を高めるためには、日頃から英語の音声を聞いて慣れておくことが大切です。

特にビジネスシーンの会話はTOEICでよく出るので、ビジネスシーンの音源を聴くことがオススメです。

僕が実際に行っているリスニングの勉強法は以下の通りです。

  • シャドーイング
  • リピーティング
  • ディクテーション
  • 問題演習

ディクテーション

ディクテーションは、自分の聞き取れない英語を明らかにし、それを聞き取れるようになるために行います。

やり方は、「音源から聞こえてきた英語を全て書き出していく」といった感じです。

一回聞いただけでは全ての英語を書き出すことは難しいので、繰り返し行うことで聞き取れない音が明らかになったり、発音の知識が身についていきます。

リピーティング

リピーティングは、英語を聞き取る集中力を高め、聞き取った英文を短期的に覚えておくための記憶力を身につけるために行います。

やり方は、「音源を聞き、聞き終わった後に同じように発音していく」といった感じです。

TOEICのリスニングは音声が一回しか流れないので、その一回で英文を聞き取り、それを覚えておかなければなりません。

リピーティングを繰り返し行うことで、英語を聞き取る集中力や短期記憶力を鍛えることができます。

シャドーイング

シャドーイング は、ネイティブが話す速いスピードの英会話に慣れて、さらに自分の英語の発音を上達させることを目的に行います。

やり方は、「音源から聞こえてきた英語を1〜2語遅れて同じように発音していく」と言った感じです。

英語は「自分が発音できない音は聞き取れない」と言われているため、発音を上達させるシャドーイング は非常に大切になります。

シャドーイング を繰り返し行うことで、速いスピードの英会話に慣れ、さらに自分の発音を上達させることができます。

問題演習

「ディクテーション、リピーティング、シャドーイング 」で身につけた力を使って問題演習を行います。

TOEICでは似たような問題が出題されることも多いので、問題の傾向を覚えておくことも大切になってきます。

リーディング

リーディング力を高めるには、単語や文法の基礎知識はもちろん、長文読解力や速読力を身につけることが大切です。

特に900点を目指すなら得点源は長文になってくるので、読解力と速読力は徹底的に鍛えておくことが重要です。

僕が実際に行っているリーディングの勉強法は以下の通りです。

  • 単語、文法
  • 長文読解、速読
  • 問題演習

単語、文法

900点を取るためには、単語と文法の問題が扱われているPart5、6は全問正解しなければなりません。

そのため、単語と文法は完璧にしなければなりません。

単語や文法の勉強法は、「TOEIC対策専用の単語帳や文法問題集を徹底的にやりこむ」です。

シンプルですが一番効果のある勉強法です。

毎日TOEICで頻出している単語を覚え、復習を繰り返すことが大切です。

長文読解、速読

900点を取るために得点源にしたいのがPart7の長文です。

TOEICのリーディングパートの半分以上を占めている長文読解ではとにかく時間がありません。

そのため、早く、正確に英語長文を読めるようにならないといけません。

長文読解や速読の勉強法は、「速読や長文を読解するためのテクニックを学び、専用の参考書を使って実践していく」です。

長文読解や速読のコツが学べる参考書を使ってテクニックを身につけ、長文読解の参考書や公式問題集を学んだテクニックを使って解いていくといった感じです。

繰り返し勉強していくことによって、文章を読むスピードや読解力が身についていきます。

問題演習

リスニングと同じく、勉強したことを使って問題演習に取り組みます。

本番を意識できるように時間を測って問題に取り組みましょう。

まとめ

今回は、「TOEICで900点を取るための勉強法」を紹介しました。

TOEIC900点は本当に難しいですが、取得できると英語力がしっかり身につき、人生の選択肢が増えます。

正しい勉強法で勉強すれば誰でも目指すことのできる点数です。

僕もまだ900点を目指している途中なので、今回紹介した勉強法で一緒に頑張りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次