MENU

TOEIC卓越への道:TOEICで800点を取るためのオススメの勉強法

「TOEICで700点までは取れるけど、800点まで取れない、、」

「TOEICで800点取るための勉強法を教えてほしい」

このように悩んでいる人は多いと思います。

TOEICの800点はとても高い目標で、本当に難しいです。

実際僕もとても苦労して800点を取りました。

今回は、そのように悩んでいる方でも800点を目指せる勉強法を紹介していこうと思います。

この記事を読めば分かること

・TOEIC800点がどれくらいのレベルか

・TOEICで800点を取るための勉強法

リト

実際に僕が800点を目指していた時に試していた勉強法なので、よかったら参考にしてください!

本記事はTOEICスコア700点を取っている人に向けた記事ですので、700点を取っていない方は下記の記事を参考に700点を目指してみましょう!

スポンサーリンク
目次

TOEIC800点の重要性

TOEIC800点は、高い英語コミュニケーション能力を証明する上でとても重要な指標の1つです。

800点に到達することで、以下のような利点があります。

  • 就職や昇進を有利に進められる
  • 国際ビジネスで活躍できる
  • 転職や留学が有利になる

TOEICはビジネス環境での英語力を測るテストとして広く認知されているので、ビジネスや国際的な環境で有利に働きます。

TOEIC800点は高い目標ですが、持っているとさまざまな機会や選択肢が広がるので、自己成長やキャリアアップのために努力してみるのもいいかもしれません。

TOEIC800点のレベル

TOEIC800点のレベルは、「英語が十分にできるレベル」です。

高度な文法や語彙を理解し、複雑な文章や会話を問題なく処理することができます。

ネイティブレベルではないものの、ビジネスや海外旅行でも問題なくコミュニケーションをとることができます。

英検に換算すると準1級相当の英語レベルです。

また、TOEIC800点以上取っている受験者は上位11%程度で、10人に1人です。

このように、TOEIC800点はTOEICスコアの中でも非常に高いレベルであることがわかります。

800点獲得に必要な英語力

TOEIC800点が非常に高いレベルであるということがわかりました。

では、800点を取るために必要な英語力はどのくらいでしょうか。

リスニング

TOEICのリスニングはリーディングよりも点数が取りやすいので、リスニングで400点以上は確実に取らなければなりません。

そのため、日常会話、ある程度の長文やビジネスシーンの会話などができるくらいの英語力が必要になってきます。

日常会話では、相手の言っていることが理解でき、それに対する返事も完璧にできる力が求められます。

ビジネスシーンの会話では、難しく感じることが多いですが、専門的な分野でなければ問題なく会話できる力が求められます。

単語

TOEICで800点をとるためには、8500語程度の語彙力が必要と言われています。

これは、ネイティブの6歳の子と同じくらいの語彙力です。

TOEIC700点に必要な語彙力が7000語なので、そこから1500語を追加で覚えないといけません。

8500語と聞くと覚えられるか不安になると思いますが、語彙力がつくことでリスニングとリーディングのどちらにも役に立つので、コツコツ覚えていきましょう。

リーディング

リーディングでは、基礎的な文法や語彙力に加えて、長文読解力が必要になってきます。

TOEIC600〜700点のリーディングでは、主に単語や文法が得点源になっていましたが、800点をとるには長文読解でも点数を取らなければなりません。

そのため、英語の新聞や英語の記事などのさまざまなジャンルの文章を問題なく読むことができる力が求められます。

また、文章を読むスピードも求められるので、速読トレーニングで長文を読むスピードも上げる力もつけておきましょう。

TOEIC800点を取る勉強法

ここからは、TOEICで800点を取るための勉強法を紹介してきます。

800点を目指している人は、おそらく「ある程度の英語力はあるけど、あと一歩が届かない、、」と悩んでいるのではないでしょうか?

実際に僕も700点以上の点数は取れても800点まではギリギリ届かなくてモヤモヤしていました。

そこで、僕が800点を取るために試していた勉強法は以下の通りです。

リスニング

シャドーイング 、リピーティング、ディクテーション 、問題演習

リーディング

単語、文法、速読、問題演習

リスニングの勉強法

リスニングはリーディングよりも点数が取りやすいので、短期間でスコアを伸ばしたい方はリスニングをしっかり勉強しましょう。

シャドーイング

まずは、シャドーイングで自分の英語の発音を上達させます。

英語は「自分が発音できない音は聞き取れない」と言われているので、シャドーイングで発音を上達させ、聞き取れる音を増やすことでリスニング力を上げていきます。

やり方は非常に簡単で、スクリプトを見ながらでいいので音源を追いかけるように1〜2語遅れて発音を真似していきます。

スラスラ言えるようになってきたら、何も見ずに発音を真似していきます。

シャドーイングは、できるだけ音源と同じ発音でするように意識しましょう。

リピーティング

次に、リピーティングで短期記憶力を強化します。

TOEICのリスニングは、音源が一度しか流れず、メモを取ることもできないので、英文を一度で聞き取ってそれを覚えておかなければなりません。

そのため、リピーティングで短期記憶力を強化し、聞き取った英文を覚えておくことが大切になってきます。

やり方は非常に簡単で、音源を1文だけでいいので聞き、その1文を聞き終えたら音源を一時停止させスクリプトを見ずにその文を声に出して読んでいきます。

文を読み終えたら、聞き取れなかった単語をスクリプトを見て確認しましょう。

これを音源の全ての文を何も見ずにスラスラ読めるようになるまで繰り返していきます。

リピーティングもシャドーイングと同じく、音源と同じ発音でするように意識しましょう。

ディクテーション

次に、ディクテーションで聞き取れる単語を増やしていきます。

TOEICスコアが伸びない方は、自分がどの単語を聞き取れて、どの単語が聞き取れないのかを特定していない可能性があります。

そのため、ディクテーションで自分が聞き取れていない単語を把握して、その単語を重点的に勉強することが大切です。

やり方は非常に簡単で、音源を流して、聞き取った音声を紙やノートに書いていくだけです。

最初は、簡単な音源をゆっくりのスピードで流していき、慣れてきたら難しい音源を自分が聞き取れる速度で流していきましょう。

聞き取れなかった箇所の単語や文法は重点的に勉強して苦手をなくしていきましょう。

問題演習

最後は、問題演習に取り組みましょう。

問題演習をすることによって、「シャドーイング、リピーティング、ディクテーション」の効果を感じることもできますし、テスト形式に慣れておくこともできます。

TOEICでは似たような問題が出されることも多いので、問題演習で出題傾向を覚えておくことも大切です。

リーディングの勉強法

TOEICで800点を取るためには、単語や文法の基礎知識に加え長文読解でも点数を取ることが大切になってきます。

短期間で実力がつくことはあまりないので、コツコツ継続していきましょう。

単語

先ほども言いましたが、800点を取るためには8500語もの単語を覚えなければなりません。

ただ、すでに700点を超えている方はおそらく7000語ほどの単語は覚えていると思うので、役1500〜2000語ほどの単語を追加で覚えましょう。

TOEICに出題される単語は傾向がはっきりしているので、800点を目指せるTOEICに特化した単語帳を使って勉強しましょう。

単語は毎日覚えることはもちろん、リスニングやリーディングの勉強でわからない単語が出てきたらメモをして後で意味を確認すると言ったやり方で覚えていきましょう。

意味を覚える時に、フレーズも一緒に覚えることで効率的に覚えることができます。

文法

単語と同じく文法も800点を取るために大切です。

800点を目指す場合、単語や文法のちょっとしたミスでも点数に大きく関わるので、単語や文法問題が出るPart5、6はミスなく点数を取れるようにしたいです。

また、長文読解でも単語と文法の知識を使うので、完璧に理解することが大切になってきます。

文法はまず問題集を解いて、間違えたジャンルや苦手意識のあるジャンルを参考書を使って徹底的に勉強していきましょう。

TOEICで必要な文法力は高校生レベルなので、基本を押さえ応用できる文法力を身につけると安心です。

速読

速読はPart7の長文で点数をとるために必要な力です。

TOEICは単語数が多い試験で、2時間で約1万語もの単語を聞いたり読んだりしなければなりません。

2時間で約1万語は時間的に厳しいため、最後の問題までたどり着けない方が多くいます。

そのため、文章を早く読む力が必要になってきます。

速読は英文を和訳するのではなく、英語のまま理解することが大切です。

問題演習

リスニングと同じく、最後は問題演習に取り組みましょう。

リーディングの問題演習は、TOEIC本番と同じような時間配分を意識して行いましょう。

特に、Part7で多くの時間を使えるようにPart5、6は多くても20分で解きましょう。

まとめ

今回は、「TOEICで800点をとるための勉強法」について紹介しました。

TOEIC800点は本当に高い目標で、簡単に取れる点数ではありません。

ですが、リスニング、リーディング共にコツコツ勉強を続けていけば決して取れない点数ではありません。

今回紹介した勉強法を試したり、参考にして自分にあった勉強法で800点を目指していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次