MENU

TOEICL&Rテスト文法問題出る1000問はオススメ?効果とオススメの使い方を解説

「TOEICのPart5がスラスラ解けない、、」

「Part5にオススメの参考書を教えて欲しい、、」

「でる1000の効果的な使い方を教えて欲しい、、」

このように悩んでいる人は多いと思います。

実際に僕もTOEICを始めた手の頃はPart5で時間がかかってしまい高得点を取ることができませんでした。

しかし、文法対策で「でる1000」を買ってからPart5で時間をかけずに正確な答えを導き出すことができるようになり、TOEICスコア895点まで取れるようになりました。

そこで今回は、TOEIC L&Rテスト 文法問題 出る1000問で得られる効果とオススメの使い方を紹介します。

この記事を読めば分かること
  • TOEIC L&Rテスト 文法問題 出る1000問から得られる効果
  • オススメの使い方
リト

実際に感じた効果と高得点が取れる使い方を紹介します!

TOEICの文法対策にオススメの参考書をランキング形式で紹介している記事も併せて読んでみてください!

スポンサーリンク
目次

TOEICL&Rテスト文法問題出る1000問の基本情報

書籍名TOEIC L&Rテスト 文法問題 出る1000問
著者TEX加藤さん
値段2530円
収録問題数1049問
発売日2017年6月10日

「TOEIC L&Rテスト 文法問題 出る1000問」(以下、でる1000)は、TOEIC受験者にとても人気のあるPart5攻略を目指す参考書です。

著者のTEX加藤さんは、現在、神田外国語学院でTOEIC講師をされています。

TOEICは今まで何度も受験されていて、通算98回満点を取られているそうです。

値段は2530円と他の参考書と比べて少し高いですが、その分、収録問題数が1049問ととても多く、スコア500〜900点台までPart5対策の参考書としてずっと使えるのでコスパのいい参考書です。

TOEICL&Rテスト文法問題出る1000問の効果

僕はでる1000を大学1回生の冬頃に買って、今も使い続けています。

約2年半使い続けて感じた効果は、2つあります。

・Part5を理屈で解けるようになった

・文法力が大幅に上がった

Part5の問題パターンがわかった

でる1000に収録されている1049問もの問題には全てにわかりやすい解説がついています。

今まで僕はPart5は選択肢の単語や熟語を1度文章に当てはめて読んで、1番しっくり来るものを答えとして選ぶことが何度かありました。

しかし、でる1000を使うようになってからしっかり解説を読むようになり、「なぜこの答えになるのか」を少しずつ理解できるようになっていきました。

今まで参考書を使っても解説はそこまで詳しく読んでいなかったので、理解するのに時間がかかりましたが、演習を繰り返すことでだんだんと解き方が身についていきました。

文法力が大幅に上がった

1049問もの問題を解いていくと嫌でも文法力は身につきます。

一般的な参考書であれば、収録問題集はおよそ200〜多くて250問程度です。

しかし、でる1000は1049問という圧倒的な問題量と、わかりやすい解説までついているので、使っていくうちに必然的に文法力は上がっていきます。

オススメの使い方

約2年半でる1000を使って、TOEICスコアを430点から895点まで上げることができました。

そんな僕がオススメするでる1000の使い方は、

STEP
苦手なジャンルから解く

でる1000には、7つの章と文法模試が収録されています。

最初から解くのもいいですが、自分の苦手な章にたどり着くのに時間がかかってしまいますし、単純に得意なジャンルを伸ばすより苦手なジャンルを克服する方が点数アップが見込めます。

STEP
1問1問しっかり理解する

苦手ジャンルを克服したら、残り全ての問題を解いてどのくらい理解できているか把握しましょう。

問題を解くときに意識することは、1問1問しっかり理屈で解くことです。

なんとなくで解いても自分の力にはならないので、しっかり理解しましょう。

STEP
解説を読んでさらに理解する

全ての問題を解き終わったら、答え合わせをしましょう。

自信のない問題や間違えたところは理解するまで解説を読みましょう。

STEP
上記を自信がつくまで繰り返す

英語に限らず、勉強は繰り返し行うことで知識が定着していきます。

そのため、最低でも3周は上記の方法で繰り返し勉強した方がいいです。

以上が、僕がオススメするでる1000の使い方です。

リト

このやり方で340点スコアUPさせました!

※ただし、必ずしも皆さんに合った方法とは限りません。

まとめ

今回は、「TOEICL&Rテスト文法問題出る1000問の効果とオススメの使い方」を紹介しました。

でる1000は、TOEIC受験者で知らない人はいないほど本当に有名で人気のある参考書です。

「文法が苦手で、Part5に時間がかかってしまう、、」という方は、ぜひ使ってみてください!

下記の記事では、TOEICの文法対策にオススメの参考書をランキング形式で紹介しています。

でる1000以外の参考書も紹介しているので、興味のある方はぜひ併せて読んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次