MENU

declareの意味と使い方をわかりやすく解説

「declareの意味がわからない」

「declareってどうやって使うの?」

TOEICによく出る単語の「declare」は、日常会話や普段の英語学習ではあまり使わないと思います。

そのため、declareにはどんな意味があって、主にどのような場面で使うのかを知らない人も多いと思います。

そこで今回は、declareの意味と使い方についてわかりやすく解説していこうと思います。

この記事を読めば分かること

・declareの意味と使い方

TOEICの頻出単語をまとめた記事も併せて読んでみてください!

スポンサーリンク
目次

declareの意味

declare(動詞):宣言する、公表する、申告する

declaration(名詞):宣言、声明、申告

declarative(形容詞):宣言的な、明示的な

declaredly(副詞):公言して、明言して

declareには、「宣言する、公表する、申告する」という意味があります。

・宣言する、公表する

公に発表したり、明示的に述べたりすることを意味します。

具体的な事実意見意図を述べる時に使われます。

例:The president declared his support for the new policy.

「大統領は新政策への支持を宣言しました。」

  She declared her love for him in front of everyone.

「彼女はみんなの前で彼に対する愛を宣言しました。」

・申告する

税金や関税などを正式に申告することを意味します。

特に税務や関税の文脈で使われることが多いです。

例:You need to declare your income for tax purposes.

「税金の目的で所得を申告する必要があります。」

  Travelers are required to declare any goods over a certain value at customers.

「旅行者は税関で一定価値以上の品物を申告する必要があります。」

declareを使った例文

ここからは、declareを使った例文をいくつか紹介していきます。

The country declared independence.

「その国は独立を宣言した。」

The judge declared that he was guilty.

「裁判官は彼が有罪だと宣告した。」

The government declared the start of the state of emergency declaration yesterday.

「政府は昨日、緊急擬態宣言の開始を発表しました。」

Do you have anything to declare?

「何か申告するものはありますか?」

The castle has been declared a world heritage site.

「そのお城は世界遺産に登録されている。」

まとめ

今回は、「declareの意味と使い方」について紹介しました。

declare(動詞):宣言する、公表する、申告する

何かを公に宣言したり、明示したりする行為を表す意味

具体的な事実意図を表明する時や、税務関税に関した文脈でもよく使用される

あまり馴染みのない単語なので知らなかった方も多いと思いますが、TOEICではよく出る単語なので、しっかり覚えておきましょう。

別の記事でTOEICによく出る単語と熟語を紹介しているので、そちらも良かったら参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次