MENU

be ready toの意味と使い方をわかりやすく解説

「be ready toの意味がわからない」

「be ready toってどうやって使うの?」

このように悩んでいる人は多いと思います。

今回は、be ready toの意味と使い方についてわかりやすく解説していこうと思います。

この記事を読めば分かること

・be ready toの意味と使い方

TOEICの頻出熟語をまとめた記事も併せて読んでみてください!

スポンサーリンク
目次

be ready toの意味

be ready to:〜する準備ができている進んで〜する覚悟がある

be ready toには、「〜する準備ができている、進んで〜する覚悟がある」という意味があります。

・〜する準備ができている

ある行動や出来事に対して準備が整っていることを意味します。

具体的な行動状況に備えて、用意ができている状態で使われます。

例:I am ready to go on a trip.

「旅行に行く準備ができています。」

  She is ready to take on new challenges.

「彼女は新しい挑戦に取り組む準備ができています。」

・進んで〜する覚悟がある

ある行動や事柄に対して進んで取り組む意志や覚悟を持っていることを意味します。

積極的に取り組む姿勢意思表示の時に使われます。

例:They are ready to support each other and work as a team.

「彼らは互いをサポートし合い、チームとして働く覚悟があります。」

  We are ready to make sacrifices in order to achieve our goals.

「目標達成のために犠牲を払う覚悟があります。」

be ready toを使った例文

ここからは、be ready toを使った例文をいくつか紹介していきます。

Are you ready to go to school?

「学校へ行く準備はできていますか?」

The baby was ready to cry.

「赤ちゃんは泣き出しそうだった。」

I’m ready to fight.

「戦う準備ができている。」

Are you ready to order?

「ご注文はお決まりですか?」

He is ready to help anyone in need.

「彼は困っている人を助ける覚悟がある。」

We are ready to support the new initiative.

「私たちは新しい取り組みを応援する意思があります。」

まとめ

今回は、「be ready toの意味と使い方」について紹介しました。

be ready to:〜する準備ができている進んで〜する覚悟がある

準備が整っていることを示すだけでなく、積極的な意思表示や覚悟を表す意味

ある状態に対する準備意思覚悟を表すために使用される

TOEICだけでなく日常会話でもよく使われているので、しっかりと覚えておきましょう!

別の記事でTOEICによく出る単語と熟語を紹介しているので、そちらも良かったら参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次